ときめきマシンガン

夢見がちな性格なので教えてほしい

宝塚花組公演「オーシャンズ11」

f:id:haruna26:20130423012256j:plain:w300
『オーシャンズ11』 | 花組 | 東京宝塚劇場 | 宝塚歌劇 | 公式HP
花組公演『オーシャンズ11』| 宝塚歌劇公式HP

4月14日(日)15時半の回に行ってきました。
花組見るのはじめて!でもお名前存じ上げてる方が何人もいるのでわくわく。オーシャンズ11楽しかったよー!って声を何人もから聞いてたのでただただ楽しみ。

でもいきなり反省点を書くと、ちょっと今回は事前の予習が足りなすぎた。もっとちゃんと雑誌を読み込んでいくべきだった。せっかく役名がはっきりある人があんなにたくさんいたのに!もっとキャラをわかっていけばよかったよー!あとから照らしあわせているけど足りない(だからもう1回見たい気持ちがむくむくと…!)(危ない)


蘭寿とむさんの歌すごい迫力だった…!マイクがんばれ!!音割れしないで!って感じになった、マイクまで応援したくなるってどういうことなの…笑 超かっこよかったです、仲間集めのために1人ずつオトしていくの、めっちゃにやにやした。こんなのずるい。映像や写真だとすごく派手なお顔立ち、というイメージが先行してたけど生でステージで動いているのを見たらそんなに芝居がかった感じ全然受けなかったし、むしろあのスタイルで「自然に」稀代の詐欺師ダニー・オーシャンやってるのほんとにすごいなあと思った。圧巻。めろめろ。

蘭乃はなちゃん衣装が全部よい。短めスカートで美しい足を堪能させていただきました、持っててよかったオペラグラス!(なにその感想…)引き締まった太ももはもちろんですがヒールのパンプスの上に乗ったふくらはぎ!が!ヤバい!!!じろじろ見てしまった…だってきれいなんだもん…!エロいわけじゃないの!きれいなの!そこは大きな違いじゃないですか!!とにかくよく通る声で、少し早口なセリフでも囁くような場所でもめちゃくちゃ聞きやすかったふわふわ可憐なお嬢さん、て感じじゃなくて、1人でもぐっと存在感がある感じ。背もけっこう高いよね?望海さんとのラブシーン、ヒールのせいもあるかもだけど蘭ちゃんの方が高いね…?と思ったような。

望海風斗さん。見て見て!っていろんな人に言われてたけど、ベネディクト役、クールなヒールなのに気品があっていつだって素敵すぎた。声もよいから歌も…蘭寿さんみたいな迫力とは別の方向で舞台に映えてうっとりした。だいもんさん、って愛称もかわいいなあと思ったら本名の名字なんですね。違う役も見たいなー。

北翔海莉さんの役…なんだっけラスティーだ、そうだそうだ(覚えられないw)も主役がきちんと映えるように、でも別に影に徹するわけでもなくてプロのお仕事だなあ…と思った。専科さんなんですね。めっちゃ安定感あったー。公演ごとに変わる?部分で井上陽水の声マネと歌を使った小ネタがあったんだけどそれがすごーい上手だった!笑 カジノでお医者様に扮して騙すシーン。ジョンソン先生!

桜一花さんも嫌味な女感がすごく出ててよかったー!「白雪姫の継母役のオファーが出たの♡だからオサラバよ!」的なことを終盤で言い放つところ、言い方も見栄えも最高だった。お化粧と役変えたらまた全然違う印象になりそうだねー。「ラスベガスのショーの女王」の役だから衣装もキラキラで変わる度に楽しかった。彼女のバックダンサーのみなさんの、揃いのえんじ色のマントの衣装、すっごいかわいかった。ふわっとふくらむ、ひらひら揺れる。超きれい!

瀬戸かずやさん、ディーラーの制服も肌を浅黒くしたお化粧も似合っててとってもかっこいいな…と思ったらステージフォトもべらぼうに決まってて感動した。華形ひかるさんも立ち姿きれいで素敵だった。なぜか愛称がいっつもごっちゃになってしまう! あきら、と、みつる……今書いたからこれで覚えられたかな。。


でもやっぱりライナスが、芹香斗亜さんがすき!どれくらいすきかっていうとiPhoneに単語登録しようかなってくらいですよ…。かわいくてかわいくてにやにやしっぱなしだった。舞台で見るのはじめてだったけど、最初の方の幕で役もなく踊ってた時にもパッと見つけて、あ、キキちゃん!と思ったのでもうこれはすきだよね。っていうか、行く前からわたし芹香さんがすきな気がする、って言ってたし、そうすると出てきてくれると嬉しいからその「きゃー!(名前をちゃんと知ってる彼女が)きたあ!」っていうのがときめきになっていってしまうよね。これは宝塚に限らずいつだってあるけど…セルフマインドコントロールですよ!すきになったら同じや!

みんなが一列に並んで作戦会議?してる時にはじっこでいじけて座り込むシーンにめちゃくちゃときめいてキキちゃんばっかり見てしまって、話の流れ一瞬飛ぶくらいだった。斜に構えてるけど本当はチキンで、褒められると嬉しくて。かわいい。

しかも新人公演ではダニー・オーシャンを、主役を演ってたって聞いて、平日の夜ならいけたんじゃないかってなるよね。見たすぎるので夢に出てきてください(?)
あとそうだ、みなさん言ってるとは思いますが劇中で蘭寿さんから芹香さんに「来いよ、お前を男にしてやる」ってセリフがあったのがすごすぎた。破壊力。2人とも男役ですからね!


お話も映画っぽい(もともと映画だから当然ですが)盛り上がり方で場面転換も多くて楽しく見られた。後半やや駆け足すぎたっていうかあっさりしてた気もするけど、まあ舞台だしね…!

すげー!って思ったのは2幕の最初、テス(蘭乃はなちゃん)の夢のなかのシーン。ベネディクトとダニーと順に絡んで踊っていくんだけど衣装も美しくて3人のいる舞台が幻想的で動きが艶やかでうっとりした。

舞台セットはカジノがすきだった。舞台の真ん中がぐるっと廻ることでカジノ場自体にも奥行きが出てくる感じで立体的に感じた。エレベーターのシーンも映像とかみあってておもしろかった。

お芝居終わって、最後のショーの部分、アイドルみたいな色違いの衣装で歌って踊るところ、一緒にいた子が「嵐みたい」ってつぶやいてたのですが、フォーメーションも表情も含めて大変にかわいかったです。キキちゃん!


これで大劇場は3回めだったけどだいぶだいぶ楽しみ方がわかってきた気がする。そして興奮冷めやらないまま1階のショップに駆け込んでお買い物するのでヤバい。結局今回は3000円くらい買った。写真とか。もう後戻りできない感しかないね…!
芹香斗亜さんの写真をいくつも買って、蘭乃はなさんの美しい太ももをおさめたものをそっと確保し、月組・愛希れいかさんのグラビア写真?(舞台衣装とかじゃないやつ…なんて言うんだろう)も物色しました。大判の写真をしまうアルバムをいい加減に買わないとね…。なにかに負けた気がするけど、いやいや負けるよ、わたしは喜んで負ける。

あとねー、はじめて出待ちのギャラリーをしました!終演後1時間くらいしてから劇場前にいるとみなさん出てきてファンの人からお手紙とかプレゼントを受け取ったりする。メイク落としてるとかわいらしい感じになってなんだかドキドキしてしまうね…!男役の皆さんも当然女性だからふわっとした顔立ちなんですよ!私服が見られるのも楽しい。キキちゃんが笑顔で手振って帰っていかれるの見られて幸せでした。全然お作法がわからなくて緊張したけど、お友達にメールして教えてもらいました、ありがとう。


前にも書いたけど、いくつも演目見ていくと、あ、あの役の人だ、って知っている人が増えていくのと、あの役とは印象が違う、っていう発見があるのとで絶対このあとも楽しいだろうなあ。他の役も見たい!ってしょっちゅう思うもの、キャラが立ってれば立ってるほど!


まだわたしは宙組雪組(大劇場じゃない演目は見たけどトップさん2人はまだ)を見てないので、夏までには全組1回ずつ見ることになるのでまだまだ続きます。うふふ。はっぴー!

広告を非表示にする