読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときめきマシンガン

夢見がちな性格なので教えてほしい

乃木坂46「サヨナラの意味」握手会

乃木坂46

乃木坂の握手会は超久しぶりだな~と思ったら2015年5月ぶり……?1年半以上あいてる?うそでしょ。衝撃すぎる。マジか。

wink-killer.hateblo.jp

生駒里奈さん


やっぱり生駒さんは最高。

wink-killer.hateblo.jp

部によって髪を少しアレンジしててかわいかったなー。おでこ出してるのとってもきれいに見えて好き。
f:id:haruna26:20170210014924j:plain:w600

生田絵梨花さん


小池先生の話ができてうれしかった。もっといろいろ聞きたかったけど握手券1枚しかないので時間切れ。ロミジュリ本番の合間に握手会って大変すぎる。マスクなんて全然つけてくれ。

生生最高






やっぱりこの2人の並びが好き。生駒さんのモバメは本当にエモかったんだ。

若月佑美さん


大好き。かわいい。絶対誰もが好きになる。

f:id:haruna26:20170210014945j:plain

伊藤かりんさん




佐々木琴子さん



握手ビギナーだったら心折れてたな!「ユーリ・プリセツキー」をフルネームで答えるの、じわじわきた。二次元好きを公言している一角、松村沙友理さんはヴィクトルが好きなんだね。みんなわかれてるんだ!平和な世界!


まりかちゃんとの握手全部うまくいかなくてへこんだ。永尾さんもそうだったけど、その場のノリでパッと言葉をこぼすタイプじゃなくてちゃんと考えてくれるから握手会のテンポだとうまく話せなくてもどかしい~~!!もっとうまく質問したい。ちゃんとおしゃべりしたかった質問に関しては「え~~なんだろ~~う~~ん」で全部終わった。かなしい!!!

f:id:haruna26:20170210014955j:plain
ブログは、橋本奈々未さんとのツーショットだった。かわいい…好き。


握手会、数ヶ月に1回のレジャーにするのがちょうどいいな。毎回結構楽しい。次はいつかな~。

NMB48「僕はいない」握手会(9/22)

NMB48

というわけで多分去年の11月ぶり?の握手会。
久しぶりすぎる。年1,2ペースになってきた。





 



 








 




 





















f:id:haruna26:20160928010251j:plain:w800
石塚朱莉さんの初主演舞台「メロメロたち」は本当にポスターが最高だった。



NMBの女の子たちと話すのはいつもすごく楽しい。
そろそろ乃木坂も行きたいな~。

4月21日はさやみるの日、4月29日はふまけんの日

NMB48渡辺美優紀さんが卒業を発表した。さみしい。

山本彩さんと渡辺美優紀さんの並び「さやみる」がすごく好きだ。こんなにも違うんだから同じ学校にいてもきっと同じグループじゃなかっただろう、でも今こうしていろいろな偶然と選択の積み重ねで隣に並び立っている、意識しあっている、その現実に運命を感じてしまう。正反対に魅力的で、お互いにお互いのことがよく分からなくて、でもずっとすぐ側にいて、ムカついても喧嘩しても険悪になっても否が応でも一番近くに、一番先頭にいて、言葉にしない部分では誰よりも相手の何かを理解している。

自分の中ではSexy Zone中島健人さんと菊池風磨さんの「ふまけん」にもまったく同じ要素やベクトルでときめいているのだけど、なんだか4月はこの2組について爆発したり考えたりすることが多かった。いつでもこの熱にうかされた半月を思い出せるようにまとめておく。わたしがこんなに狂おしく美しさを感じているアイドルの「シンメ」って一体なんなのか。

4月13日:渡辺美優紀さん卒業発表


f:id:haruna26:20160508160513j:plain
(モデルプレスさんのこの写真がめちゃくちゃ好き)

そして、さやかちゃん(山本彩)。
同い年で身長も同じぐらいで、血液型も一緒で、私は、最後まで友だちのように仲良くというかホントの友だちのような関係にはなれなかったけど、今までの人生で一番運命の人だと感じました。
本当に一番運命を感じた人で、たくさん悔しいことも誰よりも素直になれなかったけど、私が(山本彩)一番誰よりもすごい人だということをわかってるし、本当に尊敬しています。ずっと伝えれなかったけど、この場をお借りしたら、言える気がしたので、すごく言いたかったので言いました。
NMB48卒業発表の渡辺美優紀、AKB48兼任解除の山本彩<コメント全文> - モデルプレス






















f:id:haruna26:20160508223552j:plainf:id:haruna26:20160508223556j:plainf:id:haruna26:20160508223602j:plainf:id:haruna26:20160508223607j:plain

4月21日:オールナイトニッポン指原莉乃さん、山本彩さん、渡辺美優紀さんが出る

AKBのオールナイトニッポンはわりと直前に出演者が発表されるのですが今回も。まぁ「寝れない」って思ったよね。平日に午前3時まで起きる覚悟を決める。

指原さんは感性が我々寄りなので(トップアイドルに上り詰めたアイドルおたく)さやみるのこともこれまでも何度も好きだ好きだと言ってくれていて、さやかちゃんとみゆきちゃんをどう盛り上げていってくれるかすごい楽しみだった。公式?には2人の愛称は「さやみるきー」なんだけど、おたくは「さやみる」ということが多くて、指原さんもラジオの中で何度か「さやみ…るきー」となっていて、無理しないで!とにやにやした。

いやはや、期待を軽々と超えてお礼の品をお送りしたいくらい素晴らしいアシストっぷりで感謝しかない……。指原さんは1人のタレントとしての徹底したプロ意識と野心も素晴らしいけど、他人への興味と優しさで周りをやわらかく引っ張りあげられる人で、だから人気があるのです。ということを改めて思い知った。さやかちゃんもみゆきちゃんも、それぞれ他のメンバーといるとにこにことぺらぺらとしゃべるのに相手にはどうしてもぎこちなくなってしまうけどいざ企画としてネタとしてふられると言いたいことはいろいろある、という感じでこんなに聞かせてもらっていいの……という感じだった。

以下では省いているのだけどみゆきちゃんが番組中に「わたしとさやかちゃんはね、“さやみるきー”に対してファンのみなさんが思ってるより繊細なんですよ!理想押し付けられるとちょっと困っちゃう」という言い方をしていて、いやほんと私たちも勝手に思い入れていますよね、NMBの場合は握手会とかで直接いろいろ煽られることもあるのでしょう、とお察しいたします。2人に恋愛関係を求めているわけではないので(もちろんそういう萌え方もあるでしょうし、それが悪いわけではなく)ナマモノどうこうとは関係ないんだけど、それでも行間を読みすぎている自覚はあるわけです。でも、でもね、私たちもあんなに完璧な言葉があなた自身の口から出てくると思わなかったわけですよ。「友達にはなれなかったけど運命の人」ってどんな夢想や妄想よりも美しくてまっすぐド直球だよ。こんなキラーフレーズで殴られて正気でいられません!!!思わず太字にするわ!!!

みゆきちゃんは、雑誌とかインタビューとかじゃなく、山本さん本人の前で、劇場にいるお 客さんの前で、そして逃したファンは後からも視聴できる場所で(公演の映像は録画で見られる)この言葉を発する瞬間を私たちに目撃させることを選んだのが本当に強くて賢い人だなと思う。フィルターを介さずに。だからこうは言うけど、いろんな熱量をうまく利用できるコントロールできる弄べる、それ自体がアイドルみるきーのすごく好きなところだなって思うのでした。

……というわけでこのラジオ自体も指原さんがいることでファンとさやみるのキャッチボールみたいになっていておもしろかった。マジでファン感謝祭だった。以下、あの夜のこと。








































4月29日:MステでSexy ZoneNMBが共演した

ラジオの衝撃が収まらないまま、そしてSexy Zoneもちょうどツアー中でいろいろなレポが流れてきて、さやみるとふまけんは自分の何をこんなに刺激してきているのか考えていたら、翌週の祝日金曜日にミュージックステーションで共演することになった。えっまさか同じフレームにおさまりますか…?おさめてください!!!と思ってめちゃくちゃ楽しみにする。

たまたまその日は前から人と約束をしていて、それがさやみるを追悼しつつふまけんのプレゼンをする会だったのでリアルタイムでテレビを見られるプランに調整した。……いやこれ生で見てよかった。衝撃の1時間を人と共有できてよかった。さやみるが卒業トークとかで絡んでくれないかな~と思ってたけどふまけんがぶっこまれるとは思っていなかった。

西野カナさんの曲前トークで中島健人くんに話がふられて、彼女の新曲「あなたの好きなところ」を文字って菊池風磨くんがうまいこと返したという一幕だったのですけど、この曲名があったからこそですね……。西野さんに敬意を示すべくiTunesで購入しました。買うよ。

これだけ見ると距離の近さにときめいているように見えてしまう予感がしますがそうじゃなくて、それだけじゃなくて、この2人もいろんな意味で正反対でお互いの背中を預けるのはお前しかいないんだ感が本当に好き。さやみると同じところも違うところもあってもっと考えていきたい次第です。










 


 




 

 

次回予告

私はさやみるとふまけんの何にこんなにときめいているのか、あるいはシンメとは何かについて(を、書きたい)